歯ぐき下がり 歯磨き粉 おすすめ

歯ぐき下がりにおすすめの歯磨き粉!

 

歯ぐき下がり,歯磨き粉,おすすめ

 

 

歯茎が下がるのにはいくつかの原因があります。

 

原因にはブラッシングや歯の位置のずれ、加齢、歯周病などがあります。

 

中でも歯周病を原因とする歯ぐき下がりは進行すると見た目にもひどく、そのままにしておくと歯槽骨が溶けて最終的に歯が抜けてしまいます。

 

そこで、ここでは歯周病を原因とする歯ぐき下がりに効果のあるおすすめの歯磨き粉を人気順にご紹介したいと思います。

 

多少の歯ぐき下がりならこれらの歯磨き粉を使用してブラッシングすることで元に戻りますが、ひどくなってしまうと治療するしかありません。

 

しかも、歯を支える歯槽骨が溶けてしまって、それとともに歯ぐきも下がっているので、かなり困難な治療方法ばかりです。

 

なので、一番重要なことは歯ぐき下がりの原因となる歯周病を予防することです。

 

 

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯ぐき下がり,歯磨き粉,おすすめ

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯周病を原因とする歯ぐき下がりに効果があります。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病や口臭を予防するとともに歯ぐき下がりも予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防し歯ぐき下がりを元に戻す効果があります。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯周病による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげるとともに歯ぐき下がりをもとに戻す効果があります。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

  特に研磨剤は歯茎下がりで腫れていたりする場合には余計に歯茎を傷めてしまうので良くありません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯ぐき下がり,歯磨き粉,おすすめ

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭、歯ぐき下がりを予防します。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

  歯ぐきの血行が良くなることで多少の歯ぐき下がりなら元に戻ります。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病と歯ぐき下がりを予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯ぐき下がり,歯磨き粉,おすすめ

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病の症状や口臭を緩和するとともに歯ぐき下がりを予防します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭、歯ぐき下がりに効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病や歯ぐき下がり予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯ぐき下がり,歯磨き粉,おすすめ

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒し歯ぐき下がりを予防します。

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌し歯ぐき下がりを予防します。

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯ぐき下がり,歯磨き粉,おすすめ

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

歯ぐき下がりが気になってくると歯周病もかなり進行してきているので口臭がきつくなります。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

歯茎が下がる原因とは?

 

歯茎が下がる原因にはいくつかありますのでご紹介したいと思います。

 

 

 

歯周病

 

歯茎が下がる原因として一番多いのは歯周病です。

 

歯周病は症状が悪化すると、歯を支えている歯槽骨という骨が溶けて、最終的には歯を支えることができなくなり歯が抜けてしまいます。

 

歯茎は歯を支えている歯槽骨を覆っているので、歯槽骨の高さと歯茎の高さはだいたい同じです。

 

なので、歯周病に感染して気付かずにそのままにしておくと歯槽骨が溶けて同時に歯茎も下がってきてしまいます。

 

 

 

年齢

 

年齢が原因で歯茎が下がることもあります。

 

また、年齢が上がると歯周病の感染率も上がります。

 

40代以上の方では約8割の方が歯周病に感染しているといわれています。

 

ほとんどの方が感染していてなんだか怖いですね。

 

普段から歯周病予防をしっかりしたほうが良さそうです。

 

 

 

歯磨き

 

歯磨きをするのに硬めの歯ブラシでゴシゴシ磨かないと磨いた気がしないという方は注意したほうが良さそうです。

 

硬めの歯ブラシは歯と歯茎を傷め、虫歯や歯周病の原因を作ります。

 

特に歯の根元の部分の象牙質というやわらかい部分が露出してる状態ですと、傷つきやすくその傷に細菌が入り込んで増殖します。

 

すると、歯周病が悪化してしまいますので良くありません。

 

また、硬い歯ブラシはしっかり磨いているようでも磨き残しが多くなってしまいます。

 

毛先の柔らかい歯ブラシで磨いたほうが細かいところに毛先が入るのでしっかり磨けます。

 

なるべく、やわらかめの歯ブラシを使うようにしましょう。

 

 

 

歯ぐき下がりをそのままにしておくと?

 

歯周病が原因の場合の歯ぐき下がりをそのままにしておくと、歯周病が悪化し歯槽骨が溶けていきます。

 

歯槽骨が溶けると同時に歯茎もどんどん下がってきます。

 

歯槽骨は歯を支えている骨なので、だんだん歯がぐらついてきて最後には抜けてしまいます。

 

また最近では、歯周病菌が原因で心筋梗塞や肺炎、糖尿病になるリスクが高まることが分かってきたそうです。

 

歯が抜けるだけではなく、命にかかわる病気になることもありますので、歯周病予防、歯周病対策はしっかりやったほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

歯ぐき下がりを予防する方法

 

歯磨き

 

歯ぐき下がりを予防するには、その原因である歯周病を予防することです。

 

歯周病を予防するのに一番いいのは丁寧な歯磨きです。

 

丁寧に歯磨きをすることによって歯周病の原因になる歯垢をきれいにとることです。

 

歯を磨くときには歯周病専用の歯磨き粉を使用すると効果的です。

 

 

 

マッサージ

 

歯茎のマッサージをすると歯茎の血行が良くなるのでお勧めです。

 

指を口の中に入れて直接歯茎に当てなくても、そのまま頬や口の周りを歯茎のマッサージをすることを意識しながらやれば大丈夫です。

 

この方法ならいつでも気軽にできますので、気が付いたときにやってみるのもいいと思います。

 

 

 

食事

 

歯周病は免疫力が落ちたときに感染しやすいです。

 

栄養のバランスを考えた食事を心がけましょう。

 

 

 

免疫力を下げないようにする

 

ストレスも免疫力が落ちます。

 

他にも体温が下がると免疫力が落ちますので、気を付けましょう。

 

とにかく、歯周病は免疫力が下がったときに感染しやすいので、免疫力が下がらないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

歯周病とは?

 

 

人の口の中にはたくさんの細菌がいて、歯磨きをしっかりやらないと細菌が増殖して歯垢になります。

 

歯垢は食べ物のカスではなく、目に見えない小さな細菌の塊です。

 

普段目に見えない細菌があのような塊に見えるということは、ものすごい数の細菌だということが想像できると思います。

 

歯垢1ミリグラムの中に10億個の細菌がいるそうなので、口全体にしたら大変な数だと思います。

 

その細菌の塊をそのままにしておけば、感染するのは当然です。

 

感染して初期のころは歯茎が炎症を起こし、出血することもあります。

 

これをそのまま放置すると、歯を支える歯槽骨という骨が溶けて、それとともに歯ぐきも下がってきてしまいます。

 

見た目には、歯がどんどん長くなってしまい、あまり良くありません。

 

さらにひどくなると歯槽骨が歯を支え切れなくなり、歯が抜けてしまいます。

 

 

 

 

 

歯ぐき下がりにおすすめの歯磨き粉の選び方

 

 

殺菌効果

 

歯ぐき下がりの原因である歯周病菌を減らすことが大切です。

 

ブラッシングも重要ですが、殺菌効果のある歯磨き粉を使うことも重要になってきます。

 

殺菌効果のある成分には以下のものがあります。

 

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
・塩化セチルビリジニウム(CPC)
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸dl-α-トコフェロール

 

これら以外にも最近では殺菌効果の高いプロポリスなどの天然由来成分を含んだものもあります。

 

 

抗炎症効果

 

歯周病にかかると歯茎が腫れたり出血したりして、痛みを伴うこともあります。

 

こうなると歯周病対策で重要なブラッシングができなくなってしまいます。

 

そういう意味でも炎症を抑えることが大切になってきます。

 

 

研磨剤を含まないもの

 

歯周病によって歯茎が晴れたり出血したりしているときに研磨剤の入った歯磨き粉で磨くことは余計に歯茎を傷めてしまいます。

 

また、歯茎が下がることによって歯の根元の象牙質といわれている柔らかい部分が露出しているので、その部分に傷をつけてしまいます。

 

そこへまた細菌が入り込んで増殖しますので良くありません。

 

研磨剤の成分としては以下のものがあります。

 

・リン酸水素カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・炭酸カルシウム

 

研磨剤は清掃剤と書いてあることが多いので参考にしてください。